省エネ法対策サポート

これから大きく変わる省エネ性能とその対策

2012年12月(平成24年)低炭素建築物認定制度、2013年10月(平成25年)改正省エネルギー法が施工されました。これからは、各物件ごとに詳細な計算、根拠提示が必要となります。計算根拠、関連図面も増え、大変ボリュームが増えます。

また、新しく評価される「1次エネルギー消費量」では、給湯器、冷暖房、照明器具などの仕様、効率などの性能も明確にしなければなりません。

平成27年4月1日からは完全にこの基準が適用されます。性能表示制度の評価基準も見直され、フラット35、長期優良住宅、低炭素認定住宅など優遇措置を受ける場合、この基準に従った評価判断がされます。

現在の省エネルギー水準(次世代省エネルギー基準)を最低レベルと考え、まずその水準にすべての新築住宅を適合させる誘導措置の段階で2020年の義務化から2030年……2050年と段階的に大きく基準が引き上げられていきます。

今後、自動車の燃費のように、家のエネルギー消費量・家の燃費が表示され、注目されるようになってきます!

それまでに新しい基準について学び、効率的な省エネ化の手法、考え方、施工について対策を練る必要があります。

住宅の省エネ化はこれまでと大きく違い、様々な角度から対策をとらなければいけません。
広い範囲での基本知識、設計、施工精度が必要とされます!

良質な住宅の定義

建物全体を考えたバランス(組み合わせ)が1番重要になります

建物全体を考えたバランス(組み合わせ)が1番重要になります

安全性
  • 耐震性能
  • 耐火性能
  • 健康性能
  • 省エネ性能
環境性
  • 省エネ性能
  • 創エネ性能
  • 省CO2性能
  • 持続可能性
居住性
  • 快適性能
  • 省エネ性能
  • 間取、動線
資産性
  • 長寿命、耐久性能
  • 立地、都市計画
  • 省エネ性能
  • デザイン

サポート内容

当社では、省エネ対策でお困りの方に対して、全面的にサポート致します

  • 販売促進ツール(集客チラシ、パンフレット、展示物、実験器具など)
  • 基本知識(湿気の移動について、結露について、調湿について、気密、防湿、断熱、防風、通気など)の説明
  • 断熱工事、気密工事などの施工指導
  • 改正省エネ対応の各種計算
  • 省エネ診断による省エネ性能の見える化
  • 内部結露の計算による判定
  • 相当隙間面積(C値の測定
  • サーモカメラによる断熱欠損の確認
  • 施工後、実際の熱貫流値の測定と検証、まとめ、改善案の提示

実際にサポートさせて頂いた工務店様のお声はこちら

mail
052-704-9181mail

省エネルギーについて

省エネルギーに関して計算上一次エネルギー消費量が少なく評価が高くても材料、施工についての基本知識、施工が不十分ですと計算上と実際建てられた建物では大きく異なってしまいます。そのことからここでは「セルロースファイバー」についての基本知識、施工と共に断熱を含めた一部についてご紹介させていただきます。

セルロースファイバー断熱材の特性・基本知識

湿気の移動、結露について

調湿について

断熱設計・施工の基本

断熱、防露、気密について

高断熱を求めた『付加断熱』について

高断熱化の理由について