お客様の声

サポートさせていただきました 【K工務店様】

2014年5月7日

サポート内容

・まず、家づくりの考え方についていろいろ話し合いをさせていただきました。(どのようにしたいか具体的に)
・セルロース断熱材の基本特性とともに断熱設計、工事の基本の重要性を認識いただきました。
・現在の仕様(断熱性能、設備性能、サッシの性能など)より省エネ性能を計算し、どの水準の省エネ化を目指すか決定し実行予算と併せて断熱の厚さ、サッシの断熱性能、ガラスの種類、設備機器の基本仕様を決定いたしました。
・販売促進ツール(集客チラシ、パンフレット、展示物、実験器具など)を活用いただきました。
・プランニングにおいては、プレゼン、個別の計算により省エネ性能を金額化しプレゼンとして活用いただきました。
・ご契約に至った現場にて断熱施工の指導、気密測定、断熱欠損確認など施工精度の確認を行い現在予測した冷暖房、光熱費か検証中です。

サポートを受けて……

K工務店様の感想

「湿気の移動」「結露のしくみ」「調湿」「気密」についての考えなどこれまで十分な認識をもって使用していなかったと思います。はっきり言って分かっているようで感覚的なものでした。

これを知ることで設計、計画、施工の「基本の重要性」が認識でき法的対応も自社で対応ができるようになりました。断熱、気密工事など基本を認識した施工が一番重要と現在は感じています。以前より施工については自分なりに自信がありましたが、サーモカメラによる確認により、棟部分、壁~屋根の断熱に欠損が発覚しました。ハッキリ色が違いビックリしました。今では欠損しやすい箇所も認識でき意識して施工をしています。計算上と全く違い「絵に描いた餅」になってしまいますからね。

立地状況から太陽の日射、風など自然を読み取り入れ、屋根、壁、サッシ、床などの断熱性能から負荷に見合った効率の良い設備を選択しこれらが家全体の省エネ化につながる。本当に難しいですね。まだ耳慣れない言葉ばかりですが一つ一つ勉強していきたいです。

その他、蓄熱、表面温度、放射など難しいこともありますが、今は見える部分ではありませが、基本に忠実に設計計画、施工を行いデータを取り、検証、まとめ、改善をしている最中です。検証に伴う測定のサポートもあり大変助かっています。

今後の省エネ化に向けても不安がなくなり基本知識も認識し家づくりに関して根拠のある「芯」の通った家づくりができるようになったと思います。今後とも宜しくお願い致します。